自宅籠城.com

飲む日焼け止めの効果ほとんどない?!評判や口コミから実力を検証!

time 2018/05/01

飲む日焼け止めの効果ほとんどない?!評判や口コミから実力を検証!

ここ数年で認知度が高まった『飲む日焼け止め』

今では、ホワイトヴェールやメディパラソル、ボタニカルホワイトなど沢山の種類があります。

芸能人やモデルの方も愛用しているようですが、本当に効果はあるのでしょうか?

何やら、効果がなかったなんて言葉もあるようですが、そこには理由もあるようです。

今回は、「飲む日焼け止め」の実力を検証します。

こちらもどうぞ↓
おしりリセット体操によるダイエット効果は?動画も紹介!

スポンサーリンク

飲む日焼け止めとは?

飲む日焼け止めは、錠剤やカプセルにて販売されており、体の内側から紫外線対策が期待できるサプリメントです。

抗酸化成分が配合されており、老化原因の活性酸素を抑制、無効化する働きを持っています。

塗るタイプの物やスプレーと違い、肌の弱い方でも安心して使える、塗り直しをしなくて良いなどの点がメリットでしょうか。

また、日焼けしてしまった後に飲んでも、肌の内部の紫外線の影響を受けにくくするため、アフターケアとしても良いです。

主な成分

飲む日焼け止めには、

ニュートロックスサン
フェーンブロック

主にこの2つの成分で出来ています。

ニュートロックスサン

ニュートロックスサンは、ミギュエル大学細胞生化学のニコル博士とモンテローザ社が10年以上をかけて開発した成分です。

太陽の光から身を守る「抗酸化作用」に優れる「シトラス」「ローズマリー」から抽出された成分で、活性酸素の働きを抑えてくれます。

その効果は、フェーンブロックより細胞を守る能力が2倍以上高いとされています。

また、ニュートロックスサンを1日250mg摂取し続けデータを取ったところ、

57日後→34.2%
85日後→56.1%

紫外線への保護効果が向上したという結果が出ています。

フェーンブロック

フェーンブロック(Fernblock)は、ポリポディウム・ロイコトモス(Polypodium Leucotomos)というシダ植物から抽出された「PLエキス」が原料となっています。

開発したのはIFCグループとハーバード・メディカルスクールで、開発には15年の歳月を要しました。

アメリカの原住民のインディアンが、日焼け止め治療薬として使っていたようです。

こちらには、

・抗酸化作用
・免疫防御作用
・DNA保護作用
・皮膚構造維持作用
・光防護作用

の効果があり、「ヘリオケア」の主成分です。

ヘリオケアは恐らく一番有名な飲む日焼け止めではないでしょうか。

数年前から皮膚科や美容クリニックで使われています。

スポンサーリンク

期待できる効果は?!

さて、どのくらいの効果があるのか調べてみると、ご自身で何種類か飲んで検証している方が複数見られました。

そちらの意見をまとめてみると、

1.製品によって効果に差がある
2.効果が出るまでには一定の時間がかかる

この2点が主な意見としてあがっていました。

製品によって効果に差があるのは、飲む日焼け止めに限ったことではありません。

「安かろう悪かろう」の部分も少なからずあるようです。

また、サプリメントはすぐに効果が現れるものは少ないですね。

飲む日焼け止めも確かな効果を感じられるまでは時間を要するようです。

この辺りが、「効果がほとんどない」と言われる理由でしょう。

とても参考にできる検証データがありました。

(http://www.kankanunnan.com/kokanomuhiyake/)

こちらもどうぞ↓
すっぽん小町の効果はいつから現れる!?体験談をもとに検証!!

口コミ・評判

 

Twitterや口コミを見てみると、

「日焼け止めに効果があると聞いて2週間飲んでいますが、いまいち効果がわかりません。
即効性を期待したのにがっかりです!
もう少し時間が経ったら効果を実感するのかな?」

「大好きなモデルさんが飲んでいたので「飲む日焼け止め」を購入しました!
海水浴に行く日の外出前に2粒飲んでみましたが、がっつり焼けました。
クリームタイプの日焼け止めみたいに、その場限りの効果はないみたい…」

「飲んでいるけど、正直少し日焼けしています。
確かに効き目があるのは感じています。
ただ、これだけでは完璧な紫外線対策にはなっていないかな・・・。
冬の季節とかくもりの日であれば良いのかも知れないけど、晴天の日だったら日焼け止めクリームを合わせて使った方が良いです。」

「夏休みに友人と2日間、海水浴に遊びに行きましたが、しっかり日焼けはしました。
飲み始めてまだ、3週間とかだったので、まぁ焼けてもしょうがないか…と思っていました。
焼けた後も引き続き、飲む日焼け止めを飲んでいましたが、元の肌に戻るのが明らかに早くになっていると思います。
一緒に行った友人にも「あれ?!なんか美白ケアでもしたの?」と言われたくらいなので、日焼け後の肌にもいいのかな…そばかすにならなかったのでよかったです。」
(http://www.isah2015.org/kouka-kutikomi.html)

まだ知らない方もいるようです。

肌荒れの心配がない方なら、塗るタイプの物と併用するのが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「飲む日焼け止め」について、

・抗酸化成分が配合されている

・日焼けしてしまった後のアフターケアとしても使える

・主に「ニュートロックスサン」と「フェーンブロック」の成分が配合されている

・製品によって効果に差がある

・効果が出るまでには一定の時間がかかる

・飲む日焼け止めだけでは不十分かもしれない

以上のことが分かりました。

飲む日焼け止めや塗るタイプを使って、紫外線から上手に肌を守ってください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

down

コメントする




管理人

イケ_ショウカン

イケ_ショウカン

少しでも皆様のお役に立ちたいと日々奮闘中です。