自宅籠城.com

出戻り社員のメリットとデメリットは?また辞めるのは非常識か?

time 2017/12/29

出戻り社員のメリットとデメリットは?また辞めるのは非常識か?

慢性的な人手不足となっている日本ですが、一度辞めた社員を企業が再び雇用する「出戻り」風潮が高まっているそうです。 

出戻りとなると給料やメリットとデメリットが気になります。

しかし、一度辞めた職場です。

出戻りしたけどまた辞めたいと感じる方もいることでしょう。

また辞めるのは非常識なのでしょうか?

スポンサーリンク

出戻り社員のメリットとデメリットは?

出戻り転職のメリットとデメリットについて以下にまとめました。

【会社側のメリット】

・即戦力になるので教育などが少なくすむ
・他社を経験してきたので、良い点やノウハウを取り入れる事ができる
・人間性が分かっている

【転職社員のメリット】

・業務内容が分かっているので即戦力になる
・社風や従業員が分かっている
・他社で明確な実績を積んでいる場合は、待遇が良くなる可能性もある

【会社側のデメリット】

・周囲から反発が起きる可能性もある
・周囲に「出戻り可能」というイメージを与えてしまう事もある
・他社で明確な実績を積んでいる場合は、在籍時より高待遇する必要がある

【転職社員のデメリット】

・長期在籍社員の方が優遇される場合もある
・在籍時とは社風などが変わり、考えていた環境とは違う場合もある
・周囲から歓迎されず反発される可能性もある
・以前辞めた時と同じ理由でまた辞めたくなる可能性がある

納得できる内容が多いのではないでしょうか。

給料事情はどうなるのでしょうか?

出戻り社員の給料事情は?

企業側にとって、出戻り社員の受け入れで最も難しいのが待遇です。

出戻り社員の待遇に関しては各社で異なりますが、主な注意点としては次の3点があります。 

【①既存社員とのバランス】

一般の中途採用の条件で出戻り社員を採用する場合には、既存社員が不満に感じる事はないと思います。

しかし、過去の実績を考慮して役職や給与などを決定する場合、既存社員の理解や待遇のバランスに注意が必要です。

既存社員からの不満が高まる事で、組織全体に悪影響を及ぼす可能性が出てきます。 

【②本人と会社との交渉】

出戻り社員については、本人との待遇に関する交渉・確認を慎重に行う必要があります。

会社を離れていた期間にもよりますが、退職前と現在では、組織や業務内容、社員に求められるレベルが変化している可能性があります。

また、退職後に得られたスキルをどう評価するか、何を期待するのかも待遇を決める大切な要素の一つです。

一度、経験しているからこその知識、スキルがあるからこそ、フラットな気持ちで雇用条件を確認し合うことで、ミスマッチを防ぎます。 

【③出戻りに関するルール化】

出戻り社員の採用を積極的に進める場合は、入社の条件や待遇に関するルールを決めておくと良いと思います。

退職後の経験やスキルを評価し、退職前の給与や役職などの待遇維持、一定期間であれば復帰できる制度を作る事も効果があると言えるでしょう。 

いずれにせよ、出戻り社員の受け入れや待遇に関してルール化を行う場合は、就業規則等に明記することや既存社員への周知を行う必要があります。 

また、内閣府が公表している「日本経済2017―2018」(ミニ白書)によると、年齢が40歳以上では、転職による賃金の減少が鮮明となっているとのことです。

一方、29歳以下は賃金が増えている傾向にあり、「年齢が転職後の賃金上昇率を大きく左右している」と指摘しています。

スポンサーリンク

出戻りについてアンケート

興味深いデータを見つけたので、比較しやすいよう表にしてみました。

出戻り社員に関して、各種企業の人事担当者へのアンケート結果を纏めたものです。

アンケート結果 

驚いたことに再雇用について、2016年の方が若干減少しています。

「出戻り」風潮が高まっているのに!?

共通な部分としては、2014年、2016年ともに同業種への再雇用がほとんどを占めています。

また、雇用理由として即戦力は分かるのですが、「本人の強い復帰の意志があったから」、「経営者・社員からの推薦」の二つが2016年に加わったのは大きな特徴と言えるでしょう。  

出戻り社員に対する世間の考え

上の表からは、周りの社員の反応は比較的良いものだと読み取れますが、 

『ぶっちゃけ再雇用した会社には人手不足があったにせよ
「なんでだよ!」と他の社員もみんな思ったんだよなー
たしかに再雇用とかさ、会社はホワイトな方向なんだけど
悪く言えば身内に甘いんだよね
ちゃんと仕事ぶりとか社員内の評判も加味して
再雇用してくんないかなぁ』

 『再雇用みたいな感じです。
仕事やる気ないという前評判だったけど、まさか足引っ張られるとは思いませんでした。』

このような批判的な意見も見受けられました。 

スポンサーリンク

出戻り後にまた辞めるのは非常識?

情や恩を大切にする日本人の特徴でしょうか。

出戻りなのにまた辞めるのは…。と思う方も多いと思います。

実際に出戻りした方の声を調べてみると、

・裏切り者のレッテルを貼られ、イジメに近い状態になった

・信用されず悪いイメージを持たれる

・会社から何も期待されない

・うつ病になった

などの意見が見られ、出戻りで1番怖いのは「うつ病」という声が多くありました。

筆者は、我慢を続け結果的にうつ病になるなら、また辞めて構わないと思います。

「私のようになる前に辞めるべき」「私の二の舞にならないで欲しい」「恥も世間体も捨て自分を守るために」など声も多くあります。

勇気を出して一歩踏み出すことも大事かもしれません。

まとめ

・出戻り社員のメリットとデメリットは?

・出戻り社員の給料事情は?

・出戻りについてアンケート

・出戻り社員に対する世間の考え

・出戻り後にまた辞めるのは非常識?

以上についてお届けしました。

必ずしも周囲に歓迎されるわけではないですね。

出戻りはよく考えて決断した方がよいでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
圧迫面接に受かる確率・可能性は?勝つ方法やコツ・体験談を紹介!

スポンサーリンク

down

コメントする




管理人

イケ_ショウカン

イケ_ショウカン

少しでも皆様のお役に立ちたいと日々奮闘中です。