コインチェック消失は自作自演!?和田晃一良社長に疑惑の目が!!

2018年3月18日

世間を騒がしているコインチェックの消失問題。

2018年1月26日に仮想通貨取引所大手のコインチェックが、利用者から預かっている約580億円相当の仮想通貨「NEM」を

外部からの不正アクセスによって失ったと発表しました。

しかし、その裏は和田晃一良社長自作自演のインサイダーではないかと、ネット上がざわざわしています。

その内容を追ってみました。

スポンサーリンク

返金はされる?

コインチェックは被害にあった約26万人全員に対し、総額460億円を返金する方針を明らかにしています。

コインチェックの大塚雄介COOは、「現預金が(補償できる分)あるという認識でいいか?」という質問に対し、「あくまでも自己資本でやりますので、そこのメドは立っている。」とコメントしている。

ただし補償時期などは現在検討中としています。

それに対し、取引所に通貨を預けていた利用者35人が2018年2月3日、都内に集まり被害者団体を結成しました。

民事訴訟を起こすことも視野に資産の返還や取引停止による損害の賠償を求めていく方針です。

被害者団体の1人は、「“さっさと返してくれ”というのが私たちの願い」とコメントしています。

ネット上では

ネット上では、Coincheck.comからLSKへ移動している仮想通貨の動きに注目されていました。

鍵閉める前に(閉めた後も)外に逃がした和田の個人資産
XRP(リップル)170億円
LSK(リスク)380億円
【時系列逆順まとめ】
■今日1/27の14:39(コインチェック停止中)
更に3,149LSKをCoincheck.comからLSKへ移動www
———————————-
16404492854551116494
2018/01/27 14:39:13
Coincheck.com
14367838290034827614L
3,149 LSK
0.1 LSK
Confirmed
https://explorer.lisk.io/address/14367838290034827614L

(https://goo.gl/7hBDP3)


■1/26会見19:00~

■1/26夕方「あっ、まだいるっ!」バタン

■昨日1/26昼(騒動中)
Coincheck.comからLSKへ移動完了
3LSK
1LSK
100LSK
10000LSK
20000LSK
10,000,000 LSK
4,180,000 LSK

これはつまりどう云う行動だったの?

(https://goo.gl/7hBDP3)

簡単にまとめると、『法整備れてないうちに自作自演でインサイダー大儲け和田さんニヤリ』ということです。

580億円流失事件の流れ

ネット上では今回の事件について、下のように考えられています。

CMバンバンうって素人の小銭をあつめる

高くうっといて

ハッキングで盗まれましたー!って言って

暴落した所を買い戻し

莫大な利益をあげて

資財で補填しますといってヒーローになる(←いまここ)

(https://goo.gl/7hBDP3)

コインチェック和田晃一良社長の自作自演と見る

「株とかと違って法律がまだないから
それを利用してわざと不祥事起こした
そうすれば他社の相場上がる

計画的にコインチェックから他社に移した履歴がある

それができるのは取引所であるコインチェックの和田だけ

だから笑ってる」

「何故

和田だけなのかというと

コインチェックの取引所は取引停止していたのに何故か移動履歴がある

和田は確信犯」

「履歴が残ってる時点で真っ黒やね
取引所停止中にこれがでこるのはハッカーでもなんでもない

和田しかできん

法律の穴をついてるわ」

(https://goo.gl/7hBDP3)

こういったように、和田晃一良社長の自作自演だと見られているようです。

また、仮想通貨の履歴は誰でも見ることができました。

スポンサーリンク

この動きが意味するものは?

「この資金を足すと丁度補償額にはなるけど、これはそのための移動だったんか??」

「今回の記者会見で狼狽を演じて暴落させ他の取引所で仕込んでおいて、この発表による爆上げで利益稼ぐためでしょ」

「まるでインサイダー取引のようだが、仮想通貨はまだ法規制がない つまり法の抜け穴が存在している」

(https://goo.gl/7hBDP3)

仮想通貨は証券ではないので、インサイダーしても違法にはなりません。

法規制が進んでいませんね。

会社をつぶしてまで?

今までの考えが当たっていたとして、会社をつぶしてまでやることなのでしょうか?

「危険もなにも計画的にやっとる
だから事件発覚後も社内では笑い声が絶えなかった

これで一生遊んで暮らせる金を手に入れたんだからな
証拠はあるが誰も法的にはどうにもできない
損害金補償しても大儲けしてるし誰も怒らない」

「会社の信頼地に落としてやることかね
一番の被害者は社員じゃないのか」

(https://goo.gl/7hBDP3)

確かに社員の方々も被害者かもしれません。

推測された真相にネット上の反応は?

「これ本当だったら 社長だけでなく社員全員 相当ヤバイぞ やっぱり最初から手出さなくて正解だった」

「詐欺としては立件できるんじゃね?」

「警察も法も無力だなあ」

「和田ははれのひの社長よりマシってことかな」

「これは知らんけど1日で何十万も上げ下げあった時は
まぁ後ろで力ある奴が操作してたんだろな」

「まじで和田だけ換金してたとしたら洒落にならない」

(https://goo.gl/7hBDP3)

との反応が見られました。

まとめ

コインチェックの消失問題について、

・コインチェックは被害者に返金する方針を明らかにしている

・ネット上では、和田晃一良社長の自作自演インサイダーだと騒がれている

・仮想通貨は法整備が追いついていないためインサイダーしても違法にならない

以上のことがわかりました。

ネット上のことなので真実はこれから明らかになってくると思いますが、今回のことをきっかけに法整備が進むかもしれませんね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク