メガネがゆるい!直すにはどうすれば良いの?自分で直して大丈夫?

2019年3月5日

メガネを使っていると、自然に緩くなってきますよね。

メガネが型崩れすると、かけていても下がってきてしまうものです。

適度に適切に調整していく必要があります。

今回はメガネが緩くなったときの直し方についてお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

メガネが緩む原因

メガネが緩む原因は、

1.ネジが緩む
2.フレームのつるが緩む
3.鼻パッドのずれ

ほとんどはこの3つが原因です。

ネジが緩んだときの対処

ネジが緩んだときは、当たり前ですが締めれば直ります。

今では100円ショップでも、精密ドライバーが買えます。

しかし!このとき、フレームを折ってしまう方が結構いるようです。

自己責任になりますので、力加減に注意してドライバーを回して下さい。

スポンサーリンク

フレーム緩みの直し方

フレームのつるが広がって緩んでしまった場合、ネジを締めても直りません。

自力で内側に曲げて…。

出来ないことはないと思いますが、止めたほうがよいと思います。

メガネには焦点があります。

ご自分で直すと、焦点が合わないことが多く、眼精疲労となり『視力低下・老眼』を早めることとなってしまいます。

また、単純に折ってしまう可能性があります。

メガネ屋さんに行って直してもらいましょう。

鼻パッドの直し方

鼻パッドがずれてしまったときの対処法も、基本的には上のフレームの直し方と同じです。

メガネ屋さんで直してもらうと、万が一折られてしまっても基本的には弁償してくれます。

スポンサーリンク

メガネの寿命

緩みを直しても、すぐに広がってしまうということもあります。

この場合は、「つるの劣化やネジ穴・ネジの磨耗など、メガネの寿命」という可能性があります。

一般的にメガネの寿命は、

・3万円以上・・・8~10年
・3万円以下・・・3年程度

と、されています。

値段と品質はある程度比例するようです。

もちろん視力の低下によって、メガネを変えなければならない時もあるかと思いますが、参考にしてみて下さい。

まとめ

メガネの緩みについて、

・緩む原因は「ネジの緩み・フレームのつるの緩み・鼻パッドのずれ」にある

・ネジの緩みは自分でも直せるが、注意が必要

・フレームのつるの緩み・鼻パッドのずれはメガネ屋さんに頼んだほうが良い

・型崩れのメガネを使うと「視力低下・老眼」を早める可能性がある

・メガネの寿命は金額に比例する

以上のことが分かりました。

「餅は餅屋」ではないですが、「メガネのことはメガネ屋」に頼むのが良いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
片目だけ目がピクピクする。原因は睡眠不足?どんな病気が潜んでるの?
老眼鏡はいつからかける必要があるの?平均年齢や初期症状・オススメも紹介

スポンサーリンク