自宅籠城.com

りんごの栄養と糖質・カロリーはどのくらい?りんごの実力に迫る!

time 2018/01/07

りんごの栄養と糖質・カロリーはどのくらい?りんごの実力に迫る!

秋の味覚の1つの『りんご』

「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言うほど、1日1個食べると医者いらずと言われる健康的な果物です。

そうは言いますが、栄養素や糖質はどのくらいあるのでしょうか?

「りんごダイエット」が流行った時もありましたが、「りんごはカロリーや糖質が高く、ダイエットには不向き」なんて意見もあります。

ちょうさ

スポンサーリンク

りんごの糖質・カロリーは?

りんご100gには約13gの糖質が含まれています。

種類や季節でサイズが違うので一概には言えませんが、普通サイズのりんごの重さが約300gなので、りんご1つで糖質は約40gとなります。

ただし食べられる部分が約250g、りんごを丸々1個食べた時は糖質摂取量は約33gとなります。

カロリーについてですが、五訂日本食品標準成分表によると、生リンゴ100gのカロリーは、約54kcalとなっています。

りんご100gの成分表はこちらです。

栄養素や主要成分

りんごには、ビタミンCや食物繊維、ポリフェノールなどの栄養が豊富に含まれています。

ポリフェノールには、免疫力を向上させる効果が期待でき、インフルエンザ等の病気を遠ざけると言われています。

コレが「りんごが赤くなると医者が青くなる」と言われる所以ですね。

このポリフェノールですが、特に女性には嬉しい効果があります。

その効果とは、

① 肌の色素沈着に働きかけ、シミやそばかすの予防になる

② 紫外線カット

となっています。

また、ペクチンなどの食物繊維が豊富なのもポイントですね。

ペクチンは、腸内に蓄積した便を柔らかく排出しやすい状態にすることから、便秘解消効果が期待されます。

さらに、ペクチンは善玉菌の餌となるため腸内環境の改善にも効果を発揮します。

りんごに限ったことではないですが、皮ごと食べた方が多くの栄養素を吸収できます。

スポンサーリンク

注目すべきはGI値

そして、注目すべきは「GI値」です。

GI値とは、

「リセミック・インデックス」(Glycemic Index)の略で、ある食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇する時のスピードを計ったものです。

ブドウ糖を摂取した時の血糖値上昇率を100として、相対的に表されています。

このGI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インシュリンの分泌も抑えられるということになります。

りんごのGI値は39となっています。

これは低GI値食品に分類される低さです。

基本的にGI値が60以下であれば、ダイエット中でも口にできると言います。

りんごは非常に優秀なGI値なので、これならインシュリンが大量に分泌されることもないでしょう。

りんごは決して糖質・カロリーが低い果物ではありませんが、GI値については低い部類です。

このことから糖質制限中でも大丈夫と考えられます。

1日に1個程度なら良いほうに作用するものと思われますが、1日に3個も4個も食べるのはアウトなので注意してくださいね!

まとめ

・りんご1つの糖質は約40g

・ビタミンCや食物繊維、ポリフェノールなどの栄養が豊富

・りんごのGI値は39で低い

以上のことがわかりました。

日々の生活にうまく取り入れてみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
梨の栄養と糖質・カロリーはどのくらい?ダイエットには向いてるの?

スポンサーリンク

down

コメントする




管理人

イケ_ショウカン

イケ_ショウカン

少しでも皆様のお役に立ちたいと日々奮闘中です。