自宅籠城.com

池江璃花子の父や母は?血液型や高校・大学などプロフィールも紹介!

time 2018/08/12

池江璃花子の父や母は?血液型や高校・大学などプロフィールも紹介!

「パンパシフィック水泳選手権2018」の競泳女子100メートルバタフライにて「56秒08」の大会新記録を出すなど大活躍している『池江璃花子』さん。

本当に速いですよね!

さて、池江璃花子さんはどんな環境で育ったのでしょう?水泳一家なのでしょうか??

調査してみました。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

池江璃花子の父は?


(https://goo.gl/V4QVxr)

池江璃花子さんの家族構成は「父・母・姉・兄」となっています。

父親に関しては、七田式教育の上級講師資格者で株式会社ノーザンライツの代表取締役「池江俊博」さんではないかとの情報がありました。


(https://goo.gl/TE8YCe)

自身のFacebookに、池江璃花子さんが「ジュニアオリンピック全国大会」で優勝したときのことを投稿していますので信憑性がありますね。

株式会社ノーザンライツのホームページによると、

池江俊博プロフィール
池江俊博(いけえとしひろ)
1965年12月12日生

性格は暖かく明るいと評される、元空自戦闘機操縦士
20年以上に渡り0歳からの右脳教育、幼児児童の教育そして保護者指導を行う。
元七田式教育において数少ない上級講師資格者。
人間中心カウンセリング、催眠法を習得。
NLPトレーナー(サンタフェNLP/発達心理学協会認定、ICNLP認定、INA認定)として
個人対象のカウンセリング、メンタルトレーニング指導。幼児教育、能力開発、メンタル、コミュニケーションセミナー、プチ速読セミナー、経営者研修など多岐にわたり全国各地で活動。
「お手軽、簡単、挫折なし」のプチ速読を考案。文部科学省・初等中等教育局財務課の平成18、平成19年度「新教育システム開発プログラムODECOプロジェクト」にコンテンツ提供、全国の小中学校の児童生徒教職員、PTAへの指導を行う。趣味で第4回全日本曲技飛行競技会に出場し準優勝。

現在活動の場を海外に広げ能力開発やメンタルに関する講演等の活動を行う、月の半分以上中国に滞在。教育関係に厳しい中国で教育の啓蒙や指導の講演を行っている。中国でも著書を上梓。

2010年及び2011年中国国際幼教高峰論壇で講演、また中国各地で講演。300社2000名以上の教師や講師を指導。講演受講者は数万人を超える。以後教育関係に厳しい中国で独自メソッドの教育事業を展開。2017年Keylightブランドで展開する陕西大千教育管理有限公司を上場に導く。

陝西省婦人部网校家庭教育専家顧問
陝西省婦人部网校全脑潜能开发基地 首席研究员
深圳市脑科学研究院 副院長
福田幼児教育機構顧問(西安)
keylight(中国)全脳学院 常務副院長
keylight(北京)全脳学院 CEO
池江教育研究院 院長
プチ速読マスター
能力開発トレーナー
NLPトレーナー(サンタフェNLP/発達心理学協会認定、INA認定、ICNLP認定)
ビジョントレーニングマスタートレーナー(一般社団法人視覚トレーニング協会認定)
おもちゃインストラクター(認定NPO法人芸術と遊び創造協会)
おもちゃコンサルタント(認定NPO法人芸術と遊び創造協会)

NPO法人読書普及協会を設立、当初常務理事

趣味は スキー キャンプ フライフィッシング ウクレレ エアロバティック(事業用操縦士)
(https://goo.gl/TE8YCe)

このような方のようです。

池江璃花子の母は?


(https://goo.gl/ahYFaE)

池江璃花子の母親は「池江美由紀」さんです。

テレビ出演したこともあるので、ご存知の方もいるでしょうか。

池江美由紀さんは、EQWELチャイルドアカデミー本八幡教室の代表を務めています。

池江璃花子さんの健康管理についてのインタビューがありました。

幼児教育を仕事にしているため、子どもたちが幼いころから食事には気をつけていました。

有機栽培の野菜、玄米、魚を中心に食事をつくり、肉や卵は食べさせず、牛乳は飲ませませんでした。

保育園では牛乳も飲ませないようにお願いしていました。

それ以降はすべて母親がコントロールすることは難しいですが、小学校に入る前に気をつけていれば、解毒作用が働くと思います。

身体づくりに関しては、歩けるようになってからは、抱っこしたりベビーカーに乗せたりせず、自分で歩かせるようにしていました。

幼児教育の教室に鉄棒やうんていがあり、そこで握る力をつけることが運動神経の発達につながったのだと思っています。

璃花子が5年生のころには自宅にもうんていを取り付けました。

私も子どものころから、思い通りに身体を動かことができたのですが、璃花子ももともと身体能力が高いようです。

今できることは健康管理しかないので、睡眠と食事をサポートしています。

自宅にいるときには23時ごろには寝るように、22時にはスマートフォンをリビングに置いておくことにしています。

食事については、バランスよくつくるようにしています。

少食、偏食なのですが、夕食で残したものは翌朝食べさせることにしています。

まだ、身体のために考食べなくてはいけないと考えられるほど、精神的に成長できていないようです。
(http://www.fitnessclub.jp/live/?p=978)

やはりお子さんがアスリートだと気を使うものですね。

また、池江璃花子さんを自宅の風呂場で水中出産しています。

まさに水泳をするために生まれてきたようですね。

スポンサーリンク

池江璃花子プロフィール


(https://goo.gl/ebpR3z)

名前:池江 璃花子(いけえ りかこ)
生年月日 2000年7月4日
血液型:A型
身長:170cm
出身地:東京都江戸川区
泳法 :自由形、バタフライ
所属 :ルネサンス亀戸

池江璃花子さんの学歴は、「江戸川区立西小岩小学校→江戸川区立小岩第四中学校→淑徳巣鴨高校」です。

大学は、(色々と問題がありましたが)日本大学へ進むと見られています。

小学生時代は、地元のスイミングスクールに通っていました。

中学生になると、数々の記録を更新し3年生のときには「全国制覇」を成し遂げます。

世界選手権にも出場し、「3種目で日本記録保持者」となります。

高校生になると、日本史上最多「7種目」でのオリンピック出場し、更に「9種目で日本記録保持者」となります。

そして、「パンパシフィック水泳選手権2018」の競泳女子100メートルバタフライにて「56秒08」の大会新記録を出します。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・池江璃花子の父は?

・池江璃花子の母は?

・池江璃花子プロフィール

以上についてお届けしました。

これからの記録更新にも期待したいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
八木かなえの高校時代がかわいい!彼氏はいるの?経歴や画像を紹介!

スポンサーリンク

down

コメントする




管理人

イケ_ショウカン

イケ_ショウカン

少しでも皆様のお役に立ちたいと日々奮闘中です。