樋口新葉と樋口一葉の関係は?子孫なのか?出身地や経歴を探る

2018年6月17日

女子フィギアスケート界の次世代を担っていくと言われている樋口新葉さん。

新葉と書いて「わかば」素敵な名前ですね。

あれ?樋口新葉と樋口一葉って一文字違い。

もしかして何か繋がりが!?

探ってみました。

スポンサーリンク

プロフィール

(Wikipedia)

名前:樋口新葉(ひぐちわかば)
生年月日:2001年01月02日
出身地:東京都
身長:152cm
血液型:A型
所属:日本橋女学館
趣味:音楽・映画鑑賞

「新葉」という名前は、2001年1月2日という「新世紀の始まり」に生まれたことに由来しているそうです。

母の勧めでフィギアスケートを3歳から始め、中学二年の時には、全日本ジュニア選手権で初優勝しています。

本人のTwitterにはこんな画像も有り、性格が少し垣間みられますね。

樋口一葉との関係は!?

肝心の樋口一葉との関係ですが、結論から言うと、『無関係』です。

さて、樋口一葉は、五千円札で有名な作家です。

有名な作品は、「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」などです。

樋口一葉は、肺結核により24歳のときに亡くなっています。

また、独身でしたので樋口一葉直径の子孫はいないということになりますね。

スポンサーリンク

経歴について

最後に経歴をまとめておきましょう。

樋口新葉さんは、2013年に私立日本橋女学館中学に入学しています。

フィギュア界でも歴史のある強豪校です。

戦歴は、

2014年、2015年、2016年全日本選手権:3位、2位、2位
2014年、2015年日本全日本ジュニア選手権:1位、1位
2014年ジュニアグランプリファイナル:3位
2014年ジュニアグランプリシュベルター杯:1位
2014年アジアフィギュア杯ジュニアクラス:1位

自己最高得点は、第85回全日本フィギュアスケート選手権での199.49点です。

でしたが、

2018年のフィギュアスケート世界選手権では、自己最高の210.49点で見事2位になりました。
(2018.3.25追記)

まとめ

これから活躍が期待されますね!

第二の浅田真央になれるのか!?

楽しみな選手ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
宇野昌磨のゴリ押しは逆効果?勘違い野郎とアンチが急増!?

スポンサーリンク