左利きには特殊能力が!天才肌が多い理由は遺伝子と脳の違いだった!

一般的に人間は、右利きの方が左利きより多いですよね。

昔から左利きの方は、特殊なイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?

「器用なのかな?」「頭がいいのでは?」「運動神経がいいんじゃないの?」などのイメージを抱えてしまいがちですよね!

今回は、左利きには特殊能力があるのか?左利きに天才肌が多い理由は?などの疑問を徹底解明していきます!

どうぞ最後までお付き合いください。

左利きが少ないのはなぜ?

まず、日本人には左利きが少ないのはなぜなのでしょう?

日本人の左利きの割合は約10%です。

実は、霊長類の中で右利き・左利きの割合に偏りがあるのは人間だけなのです!

では、なぜ右利きが多いのか?

これには複数の説があるのですが、よく言われているのは「左利きは戦いで不利だったため生き残れなかった」という説です。

この説が上がった由来は、心臓が体の左側にあるということからです。

戦国の時代などでは右手に剣、左手に体を守る盾を持って戦うため、心臓を守りやすかったということから出てきた説です。

しかし、剣や盾を使う時代は長い歴史の中で一部だけですし、そんな時代がないとしても左利きの割合は今も昔の約10%と言われていますので、かなりいい加減な説だとも言われているのです。

今でもなぜ左利きになるのかというメカニズムははっきりわかっていないのですが、最も有力なのは遺伝です。

統計的にも両親に左利きがいる家庭の方が左利きが生まれる確率が高く、大学の研究でも特定の遺伝子が左利きかどうかを決めていると言われています。

左利きには特殊能力がある!?

右利きは左脳が発達しやすいのに対し、左利きは右脳が発達しやすいとよく言われています。

実際に実験を行ったところ、難易度の高い問題ほど、左利きの人の成績が高かったという結果が出ています。

これだけを見れば「やっぱり左利きの人は頭がいいんだ」というイメージを持つかと思いますが、重要なところはそこではなく「左利きは右脳と左脳をバランスよく使っている」ということがポイントです。

左利きだと左脳と右脳を連携する部分である「脳梁」という部分が大きく、情報処理能力が高くなります。

このことから、左利きは右利きに比べ脳梁が約10%も太いのです!

しかし、世の中は右利きがメインで回っていますので、その中で左利きの方は左手だけではなく右手も使える方が実際は多いです。

そのため、左利きは左脳と右脳の両方がバランス良く発達し、脳梁が太くなり、情報処理能力が高くなる傾向にあるという訳なんですね。

左利きは、右利きに合わせて苦労しているうちに自然と脳の機能が高まったということになりますので、左利きは生まれつき特殊能力があるわけではないと証明されます。

スポンサーリンク

天才肌が多い理由は遺伝子と脳の違いだった!

左利きになる可能性は遺伝子の影響と先ほど紹介しましたが、遺伝子の他に脳の構造と発達に関与するタンパク質も関係しているということがわかりました。

このタンパク質は、細胞の形態を維持する繊維状態造体である細胞骨格に関係しています。

詳しく分析したところ、左利きに関連する遺伝子変異は、脳の左右の言語処理領域の間を繋ぐ白質と強く関係していることが突き止められたのです。

つまり、左利きの人は言語を司る脳の領域が右利きに比べより密接に結びついており、それが原因となって言語能力が高くなる可能性があるということになるのです。

左利きは寿命が短い?

最後は左利きの人は本当に寿命が短いのか?ということについて検証していきましょう!

聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

このように言われている要因になっているのは「右利きに合わせて生活様式になっているため、左利きの方は事故などを起こしやすい」という説があがったためです。

実際にある機関が調査したところ、右利きの人に比べ左利きの人の寿命は9年短いと言われています。

しかし、あくまで統計上のデータというだけで左利きだから短命だとははっきり言いきれません。

スポンサーリンク

まとめ

・「左利きは戦いで不利だったため生き残れなかった」という説があるが、いい加減な説だとも言われている

・左利きになる最も有力なのは遺伝という理由

・左利きは右脳と左脳をバランスよく使っている

・左利きは右利きに比べ脳梁が約10%も太い

・左利きになる可能性には、脳の構造と発達に関与するタンパク質も関係している

・左利きだから短命だとははっきり言いきれない

今回は「左利き」について紹介してきました。

左利きと聞くと確かに右利きとは違うイメージがありますよね。

しかし、それは右利きの方の勝手な思い込みも多く、左利き=天才、特殊能力があるとは一概に言いきれません。

確かに右利きの方に比べると左利きの方が勉強できるという結果が出ています。

しかし、それは左利きの方が苦労した結果、右脳と左脳がバランス良く発達したということが言えるでしょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です