自宅籠城.com

水中毒の種類や治療・原因は?水を飲みすぎると恐ろしいことに

time 2018/08/02

水中毒の種類や治療・原因は?水を飲みすぎると恐ろしいことに

『水中毒』という言葉を聞いたことはありますでしょうか?

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、水を大量に飲むことで血液が薄まり『低ナトリウム血症』の状態になる症状のことです。

水中毒の原因や種類や治療について調べてみました。

スポンサーリンク

水中毒の原因は?

水中毒の原因は「体内の血液が水で薄まる」ことです。

性別や年齢などにより差はありますが、人間の体は約50~70%が水分でできています。

猛暑やスポーツなどにより大量の汗をかいた時や下痢やおう吐などの時、人は本能的に水分を補おうとします。

このとき、『塩分』を摂取せずに水だけを急に摂取すると体内の「プラスとマイナスのイオン」、つまり電解質のバランスが崩れてしまいます。

これが水中毒になってしまう原因です。

水中毒の症状・種類

人は「1日に水1.5~2L」を摂取するのが理想とされていますが、過剰摂取すると次のような種類の症状が現れます。

・むくみ(浮腫)

・(軽い)疲労感

・嘔吐

・頭痛

・意識障害

さらに酷い症状ですと、

・脳浮腫

・肺浮腫

・痙攣(けいれん)

・心不全

・昏睡

を発症し、最悪の場合「死に至る」こともあります。

スポンサーリンク

水中毒の治療法

まずは「水を飲み過ぎないようにする」、これが最大の治療法です。

腎機能に問題がなければ、基本的には水分制限のみで血清ナトリウム値が改善します。

重度の場合は「輸液」が必要となる場合もあります。

「輸液」とは、水分や電解質などを点滴静注により投与する治療法です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

・水中毒の原因は?

・水中毒の症状・種類

・水中毒の治療法

以上をまとめてみました。

塩分を取ること忘れずに、皆様もお気をつけ下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
急性肺塞栓症の原因と症状・治療は?エコノミークラス症候群の怖さ

スポンサーリンク

down

コメントする




管理人

イケ_ショウカン

イケ_ショウカン

少しでも皆様のお役に立ちたいと日々奮闘中です。