カシスオレンジの度数やカロリーは?作り方やオススメおつまみも紹介!

居酒屋でも気楽に飲め、特に女性に人気が高いカシスオレンジ。

皆さんも飲まれるでしょうか?

度数やカロリーなどはどうなのでしょうか?

気になるところですね。

そこで今回は、『カシスオレンジの度数やカロリーは?作り方やオススメおつまみも紹介!』をテーマにお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

カシスオレンジの度数は?

カシスオレンジは飲みやすい部類に入りますが、いったいどのくらいの度数なのでしょうか?

カシスリキュールとオレンジジュースの比率によりますが、一般的なカシスリキュールのアルコール度数は15度~20度です。

それをオレンジジュースと1:3で割れば、アルコール度数大体3.75度~5度くらいとなります。

一般的なビールと同じ程度というところでしょうか。

カクテルの中では弱めのお酒ですね。

オレンジを多めにするとリキュールの割合が少なくなるので、アルコール度数も下がりますね。

カシスオレンジのカロリーは?

リキュールの度数が低めなのでついグビグビ飲んでしまいますが、カロリーはどうなのでしょうか?

カシスオレンジのカロリーは、だいたい1杯180kcal程度と言われています。

ビールが、200kcal(中ジョッキ)なので、少し高めのカロリーですよね。

スポンサーリンク

カシスオレンジといえばルジェ


(https://bit.ly/2lHSrCM)

カシスリキュールと行ったらコレ!と言っても過言ではないのがフルーツリキュールブランドの「ルジェ」です。

フランスのブルゴーニュ地方で作られ、日本ではサントリーホールディングス株式会社が取り扱っています。

ボトルの形が特徴的で可愛らしく、インテリアにもなったりしますよね。

ルジェのカシスリキュールは1841年からつくられているカシスリキュールの元祖。

保存料・添加物を一切加えていないようです。

ちなみにカシスの果実は黒に近い濃紫色で、ビタミンCやアントシアヒンが豊富です。

だから、リキュールは少しダークめなのですね

カシスオレンジの作り方

では、カシスオレンジを家で飲むにはどうしたらよいのでしょうか?

簡単に作れるカクテルの1つなので、是非トライしてみてください。

作り方はシンプルなので、グラスにこだわってみるのも良いかもしれませんね。

さて、作り方です。

【① 氷をグラスに入れ、カシスリキュールを注ぐ】

目安は、グラスを7等分にした際の1メモリ分くらいまでカシスリキュールを注ぎます。

全体的な比率はカシスリキュール:オレンジ=1:4がオススメです。

【② オレンジジュースを軽くかき混ぜながら注ぐ(ステア)】

これでおしまいです。

簡単ですよね。

カシスリキュールの比率を多くすると甘くなりますが、その分アルコールが高くなるので注意しましょう。

スポンサーリンク

カシスオレンジにオススメのおつまみ

少し甘めのお酒なので、塩味の効いたものもオススメです。

その他、ナッツやチーズなど、何とでも合わせやすいですよね。

「甘いので甘めは避ける」と思いがちですが、いやいやこれも実は合うのです。

ビターチョコレートと合わせれば、お酒の甘さが負けてしまうこともないようです。

まとめ

・カシスオレンジは、1杯5%前後のアルコール度数で、約180kcalある

・カシスオレンジを作る際は、カシス:オレンジ=1:4で2〜3回ステアする

・カシスオレンジといえばルジェが元祖のリキュール

ルジェは、1836年創始者、オーギュスト・デニス・ラグートが、カシスリキュール作りに着手して作られました。

今では、カシスのみならず、多くのフルーツでリキュールを出していますので、飲み比べてみるのも良いかもしれませんね。

ちなみに、ルジェが提案する飲み方はシンプルに、ルジェ カシスリキュール30mlに、ソーダ90ml、オレンジを8切れのうち4個を入れて飲む方法だそうです。

是非、お試しください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらもどうぞ↓
テキーラサンライズの度数やカロリーは?おすすめの作り方やおつまみも紹介!

スポンサーリンク