寺本莉緒が男と箱根温泉旅行に!?相手は彼氏?それとも高校や大学の同級生!?

2018年のミスマガジンに選ばれ、駿台予備校のパンフレット表紙でも話題になった寺本莉緒さん。

清楚な見た目とは裏腹に、殿方の視線をグッと集めるナイススタイルの持ち主です。

そんな寺本莉緒さん、男性とのラブラブ温泉でネットを騒がせたのをご存じでしょうか?

何やら「こじろー」なんて謎の人物名も出てきます。

彼氏や高校・大学の同級生だったりするのでしょうか?

真相は如何に!?調査しました!

寺本莉緒が男と箱根温泉旅行に!?

「ガセネタの可能性が高いのでは?」と調査を始めてみましたが、こちらのTwitterをご覧ください。

そうなんです!寺本さんにかなり似ているんです!!

投稿者は「こじろー」という男性で、内容もかなり具体的ですよね。

ちなみに、現在「こじろー」のアカウントは削除されています。

掲示板を覗いてみると、こんな意見が。

・前歯が内向きなのそっくり

・ほくろ無いやん

・週刊誌連載中のグラドルでこんな似てたらもう確定ちゃうの? ほくろは解像度の問題ちゃう?

・鼻がそっくりやん
(https://bit.ly/37OZIod)

確かに前歯はかなり似てますよね。

ほくろは解像度の問題→これも有りえる。

また、ピアスについてもこんなTwitterが。

疑惑は「クロ」だと思い、ファンをやめてしまう方もいました。

「こじろー」とは彼氏なのでしょうか?

それとも疑惑は「シロ」なのか!?

「こじろー」とは彼氏?同級生?

「こじろー」とは誰なのか?誰もが気になるところではないでしょうか?

先ほども述べましたが、「こじろー」という男性のアカウントは削除されています。

「こじろー」について調べてみると、Yahoo!知恵袋がヒットするんですが、消されてしまっているので、なかなか情報が見つかりません。

また、寺本さんは目黒日本大学高校から、東京日本大学へ進学したと予想されています。

こちらの学校の「こじろー」に関して調べてみましたが、これといった情報には出会えず・・・。

ちょっと謎多き人物です。

スポンサーリンク

寺本莉緒の箱根温泉旅行はガセネタ!?


(https://bit.ly/2BuWDNQ)

こちらは過去のTwitterで現在は消されてしまっていますが、「21日前後は寺本莉緒は舞台」「こじろー本人が完全否定w」とあります。

これが本当ならガセネタということになりますね。

皆さんはどう思いますでしょうか?

確かに画像は寺本さんに似ているんですが、現役のグラビアアイドルです。

そんな簡単にこんなスキャンダルになるようなことをするでしょうか?

他人の空似の可能性が高いと筆者は考えます。

寺本莉緒プロフィール


(https://bit.ly/37Oq75D)

名前:寺本 莉緒(てらもと りお)
生年月日:2001年11月5日
出身地:広島県
血液型:O型
身長:150cm
体重:非公開
スリーサイズ:B88 – W60 – H88(cm)
趣味:野球観戦
特技・資格:ダンス、ピアノ、英語
職業:女優、グラビア、タレント
所属事務所:レプロエンタテインメント

寺本さんはキッズモデルを経験して以来、この仕事を続けたいと思っていました。

中学生のとき舞台出演した友人に注目が集まり、「負けていられない」と思ったことが芸能界入りのキッカケとなり、DREAM GIRL AUDITION 2015を経てレプロエンタテインメントに所属しました。

2017年4月には舞台「ローファーズハイ!!」に、同年12月にはミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」に出演します。

2018年には7年ぶりに復活した「ミスマガジン2018」にエントリーし、「ミスヤングマガジン」を受賞。

「ヤンマガ次代の宝」というキャッチコピーを与えられます。

その後も舞台等に出演し、2020年3月には1st写真集「CURIOSITY」を発表しました。。

そんな寺本さんはラーメンが大好物で、週に15杯食べているとのこと。

カロリーが気になるところですが、好きなものを罪悪感なくストレスフリーにすることが「体型維持の秘訣」だと話しています。

「ラーメンを制限して長生きするより、ラーメンを食べて倒れる人生を選ぶ」とまでコメントしているんですよ!

スポンサーリンク

まとめ

・「こじろー」という男性と箱根温泉旅行に行ったとされる噂がある

・疑惑は「クロ」だと思いファンをやめてしまう方もいた

・「こじろー」という男性については不明な点が多い

・プロフィール

今回は、寺本莉緒さんについて以上のことが分かりました。

これからもっと売り出していく女優・グラビアアイドルでしょうから、スキャンダルは致命的ですよね。

この疑惑については「シロ」であってほしいと筆者は願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうござます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です