堀米雄斗(スケボー)の年収は?スポンサーや高校・大学などwiki風プロフィール紹介!

2020年開催の東京オリンピックでは、「スケートボード」が正式種目として新たに加わります。

日本でも若い世代を中心に注目される選手が多くいますが、『堀米雄斗』選手もその一人です。

堀米選手は、ストリート種目で最高レベルの大会「SLS」で日本人初の優勝をしています。

今回は、堀米雄斗選手についてお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

堀米雄斗の年収は?


(https://bit.ly/2UPXTk7)

スケートボード選手は、大会での賞金やスポンサー契約料金が主な収入源となります。

プロスケーターの年収について調べてみると、世界に比べると日本の水準は低いようです。

世界を見てみると、

・トニー・ホーク
・エリック・コストン
・ナイジャ・ヒューストン
・ライアン・シェクラー

など、TOP選手になれば年収は億を超え、中には「10億円」もの年収を手に入れている選手もいるようです。

堀米雄斗選手の年収について調べてみましたが、はっきりした額までは分かりませんでした。

しかし、「Oi Skate Total Urbe Open」という大会で優勝した際は、日本で約232万円(66,000レアル)の賞金を手にしています。

また、下で紹介しますが、堀米選手には数多くのスポンサーがついています。

今後、億を超えてくるのでは!?と思います。

堀米雄斗のスポンサーは?


(https://bit.ly/2SaUWsJ)

堀米雄斗選手のスポンサー(過去も含む)を纏めてみました。

・Be-in Works(日本初のスケーターズカンパニー)
・HIBRID(スケボーブランド)
・Inhabitant(スポーツブランド)
・Division(スケートプロテクター)
・CustomTrucks(スケボー関連)
・TUFLEG(スケボーブランド)
・DVS(スケーターシューズブランド)
・Triple Eight(スケートプロテクター)
・ムラサキパーク東京(ムラサキスポーツのスケートボードパーク)

ご覧のとおり、多くのメーカーにサポートされおり、堀米選手がどれだけ高く評価されているかが分かります。

これだけのスポンサーがついているので、スポンサー料金だけでもかなりの収入になることが想像できますね。

スポンサーリンク

堀米雄斗の高校・大学は?


(https://s.nikkei.com/2S6r0O4)

堀米雄斗選手は、東京都中央区日本橋にある「聖進学院」という通信制の高校に入学しています。

やはり、海外遠征も多く、普通の高校に通うのは困難だったようです。

高校卒業後は大学へは進学していません。

スケートボード中心の生活を送っているようです。

堀米雄斗プロフィール


(https://bit.ly/2rGiAl6)

名前:堀米 雄斗(ほりごめ ゆうと)
生年月日:1999年 1月 7日
出身地:東京都江東区
身長:170cm
体重:45kg
憧れの選手:シェーン・オニール(オーストラリア)
所属チーム:LOWTOWN SKATE CLUB

堀米雄斗選手は、小学1年生からスケートボードを始めます。

元々は父親がやっていたそうで、最初は遊び感覚で始めましたが、その楽しさから小学2年生のときから本格的に取り組むようになりました。

最初は父親がコーチを務めていたそうです。

2017年5月に行われたSLS(Street League Skateboarding)では、日本人初の3位を獲得し「SLSプロ認定」を受けます。

そして、2018年の7月にロサンゼルスで行われたSLSでは見事優勝し、5月にロンドンにて行われたPRO OPENに続き、2連覇しました。

また、JASA(日本アクションスポーツ連盟)の「JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2017」でも表彰されています。

スポンサーリンク

堀米雄斗の動画を紹介

最後に、堀米雄斗選手の動画を紹介します。

海外の選手と比較しても何も劣るところはありません。

素晴らしいテクニックを持っていますね!

まとめ

・堀米雄斗の年収は?

・堀米雄斗のスポンサーは?

・堀米雄斗の高校・大学は?

・堀米雄斗プロフィール

・堀米雄斗の動画を紹介

以上についてお届けしました。

現在はアメリカを拠点に活動している堀米雄斗選手。

東京オリンピックでも「金メダルを狙える」と意欲的です。

今後の活躍から目が離せませんね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
佐川涼(スケボー)の高校・大学・彼女は?wikiプロフィール!

スポンサーリンク