山口すず夏の父親の職業は何?中学・高校などwiki風プロフィールも紹介!

東京オリンピック2020出場を目指し、環境ステーション株式会社と契約しプロ転向

した『山口すず夏』さん。

アマチュア高校生女子ゴルファーとしても期待されていましたね。

そんな山口すず夏さんについて調べてみると、父親の職業が気になっている方がいるようです。

今回は、山口すず夏さんについてお届けします。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

山口すず夏の父親の職業は?

山口すず夏さんの父親は「山口裕之」(ひろゆき)さんと言います。

結論から言うと、どんなお仕事をされているかまでは情報がありませんでした。

しかし、「ゴルフはお金持ちのスポーツ」というイメージをお持ちの方もいるではないでしょうか。

小学生の頃からゴルフ練習場に通うことを考えると、平均年収である約400万円では厳しいと思いますよね。

最低でも500万円以上は必要になってくると思います。

そうなると企業規模にもよりますが、課長以上の役職または経営者や幹部クラスだと思われます。

また、裕之さんは、すず夏さんが中学生で活躍していた頃までキャディーを務めていました。

こちらが裕之さんとすず夏さんの画像です。


(http://urx2.nu/Zs91)

(http://urx2.nu/4VAX)

見た目は50代といったところでしょうか。

ちょっと面白い画像ですが、「雨で濡れたグローブを乾かしている」とのこと。

これで乾くようには思えませんが。笑

ユニークな親子なのかもしれませんね。

父親がキャディーを務めていたことは、中学生のすず夏さんにとっては心強かったと思います。

すず夏さんの活躍の陰には、裕之さんの頑張りがあったのですね。

山口すず夏の学歴は?


(http://urx2.nu/Ive6)

山口すず夏さんの学歴について調べてみました。

すず夏さんは、神奈川県相模原市南区古淵の出身ですが、小学校は東京都町田市にある「私立和光鶴川小学校」に通っていました。

創立は1992年4月1日です。

続いて中学校は、「相模原市立鵜野森中学校」に通っていました。

創立は1984年4月1日です。

すず夏さんは、中学時代に米メジャーに日本史上最年少でデビューするなど頭角を現しています。

そして高校は「共立女子第二高等学校」です。

創立は1970年4月1日。

こちらの高校は文字通り女子校ですが、社会進出する女性のための教育に力を入れている学校法人で、130年以上もの歴史を持つ学校法人です。

すず夏さんにはピッタリではないでしょうか。

スポンサーリンク

山口すず夏プロフィール


(http://urx2.nu/TMG6)

名前:山口 すず夏(やまぐち すずか)
出身地:神奈川県相模原市南区古淵
生年月日:2000年8月2日
血液型:A型
身長:160cm
体重:55kg
尊敬する人:岡本綾子
得意クラブ:パター
ドライバー平均飛距離:250ヤード
ベストスコア:66(有馬ロイヤル)

山口すず夏さんは、父親と兄の影響で7歳からゴルフを始めます。

中学時代には、中嶋常幸さんが指導をする「ヒルズゴルフ・トミーアカデミー」にてスキルを磨きます。

2015年に行われた「全米女子オープン」日本地区予選会で2位に入り、日本人史上最年少の14歳で本戦出場を果たします。

2018年1月の「オーストラリア女子アマ」で日本人初の優勝を飾ります。

同年11月には、「Qシリーズ」という米国女子ツアーの最終予選に挑戦し、36位という成績を残し2019年米ツアーの出場権を得ます。

また、2019年1月には18歳でプロ転向を表明。

宮里藍さん、畑岡奈紗に続く「女子高生プロ」として「ISPSハンダ ヴィックオープン」でデビューし、22位という成績を残しています。

まとめ

・山口すず夏の父親の職業は?

・山口すず夏の学歴は?

・山口すず夏プロフィール

以上についてお届けしました。

東京オリンピック出場に限らず、今後の活躍が期待されますね!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
クロスリー真優の性格は?どこのハーフなの?wiki風プロフィールも紹介!

スポンサーリンク