腕時計がずり落ちる原因は?正しい位置やベルトの調整方法を紹介!

2019年11月14日

腕時計がずり落ちてしまい鬱陶しい。

ずれるのが気になり、何度もベルトを調整し直す。

そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

今回は『腕時計がずり落ちる原因は?正しい位置やベルトの調整方法を紹介!』をテーマに、腕時計がずれ落ちる原因や調整方法などを紹介します。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

腕時計がずり落ちる原因は?

腕時計がずり落ちる原因は、主に次の2つのことが考えられます。

腕時計のサイズが合っていない

意外に多いのがこの理由です。

デザインが気に入っているため、少し大きいけどそのまま妥協して着けてしまっている。

そんな方も多いようです。

ベルトの長さが不適切

ベルトの長さが適切でない場合も、ずれ落ちてしまいます。

「腕時計は指1本入るくらいが丁度よいサイズ」なんてことを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

確かに、ピッタリしすぎると通気性が悪く蒸れてしまい、ベルトの寿命を短くしてしまいます。

しかし、指といっても太さに個人差もあります。

特に手首の細い方は、指1本では

指1本はあくまで目安とし、隙間を少し空けすぎないようにしましょう。

腕時計をする正しい位置は?

多くの方が、「腕時計は利き腕と反対の腕につける」というのがルールだと思っているのではないでしょうか。

その理由は、字を書くときなど利き腕の方がよく使うため、邪魔になる。

また、リューズと呼ばれる時刻合わせをするときに回すボタンのような物を、利き手で操作した方がやり易いなど、利点も多いからです。

しかし、必ずしも利き腕と反対の腕につけなくても良いです。

では、位置はどうでしょうか?

正しい位置というのはありませんが、一般的に手首の骨の位置より上につけることが多いのではないでしょうか?

服の上からつける方もいますよね。

ご自身のファッションセンスで決めてください。

スポンサーリンク

革ベルトタイプの調整方法

時計のベルトも最近では多岐に渡っていますよね。

今回は、スタンダードな革ベルトタイプの調整方法を調べてみました。

1.ベルトの通し穴がいくつ足りないかを調べる。

2.通し穴は、既存の穴と同じ間隔であける。

 例)5ミリメートル間隔で穴があいている場合5ミリメートル間隔で3つ穴をあけるようにする。

3.穴をあける位置を決めたら、ベルトの裏側に鉛筆で印をつける。

4.印の上から千枚通しを当て、ハンマーで叩いて穴をあける。

革ベルトのサイズ調整は、ベルトに新しく穴をあける方法が一般的です。

一度あけたら元には戻せないため、十分に注意して行いましょう。

メタルブレスタイプの調整方法

多くの腕時計のメタルバンドは、バックルとベルトをバネピンで接続されています。

そのため、まず最初にバネピンを外すことからサイズ調整が始まります。

1.千枚通しなどの細く丈夫な工具を用意し、バネピンの位置を確認します。

2.バネピンの頭を工具で押し込み、手前に押し出します。

3.反発力で飛び出さないようバネピンに注意しながら、ベルトを外します。

4.バネピンは非常に小さく失くしやすいので、気をつけましょう。

スポンサーリンク

腕時計といえばロレックス?

腕時計にあまり興味がない方でも、「ロレックス」という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ロレックスは時計業界を牽引してきたのです。

腕時計の各部位に行われた、革新的な技術開発。

それが次のロレックス三大機構です。

1.削りだされた金属塊とねじ込み式リューズにより、非常に高い防水・防塵性・そして―まるで牡蠣のような硬度を実現し特許を取得した「オイスターケース」。

2.半円形のローターが360度回転することで自動的にゼンマイが巻き上がるムーブメント「パーペチュアル」。

3.0時ちょうどに日付表示がカシャっと瞬時に切り替わる「デイトジャスト」。

これらの発明は1920年代から1940年代にかけて行われ、今なお多くの腕時計に引き継がれている技術です。

すごいですよね。

何気ない時計の技術ですが、すでに、1920年代から使われていました。

とりわけオイスターケースは、スポーツやプロフェッショナル仕様の腕時計開発に先鞭をつける形となりました。

ロレックスは、現在でも様々な機構を発表しています。

ロレックスの成功の礎は、今なお連綿と築き上げられています。

まとめ

・時計のずり落ち原因は、長さの未調整によるサイズが原因

・時計をつける正しい位置はないが、手首の骨の上がベスト

・ベルトは調整がきく

・ロレックスは時計業界を牽引している

時計は時刻を刻むとともに、みなさんの記憶と思い出も刻む道具の1つですよね。

しっかり、正しい位置でつけるとかっこよさも増しますよね。

高価なものだけあって、大事にしている方も多いと思います。

大切に、かっこよくつけるためにも大事に保管してつかっていきたいですよね。

最後までお読み頂きありがとうございました。

こちらもどうぞ↓
腕時計を利き手につけるのは間違い?右手につけるのは平和の象徴?

スポンサーリンク