老眼鏡はいつからかける必要があるの?平均年齢や初期症状・オススメ老眼鏡も紹介

ある日「あれ、文字が見にくいな?」と感じる時はありませんか?

パソコンやスマホだけではなく、車の運転など目を酷使する時は多いですが、そんな時に気になるのが老眼ではないのでしょうか?

老眼は年を重ねてからとイメージしがちですが、最近では30代でも老眼の症状を感じている方も増えています。

そこで今回は「老眼鏡はいつからかける必要があるの?平均年齢や初期症状・オススメ老眼鏡も紹介」と題して、老眼の初期症状や老眼鏡を掛ける時期、通販で購入できるオススメの老眼鏡をご紹介します。

どうぞ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

老眼の初期症状は?

最初に老眼の初期症状についてご紹介します。

老眼と聞いてイメージするのは、「近くの文字が見えづらくなった」「細かい作業が難しくなった」などですが、老眼の初期症状は人それぞれで違いがあります。

「頭痛が長く続く」「腰や肩が凝りやすくなった」など、目ではない場所の不調が老眼の初期症状として挙げられます。

頭痛や肩凝りは目が見えづらくなったことで自然と姿勢が悪くなったり、細かい文字を見ようとして目を細めたりした結果、溜まった疲れが眼精疲労として表れます。

老眼鏡はいつからかける必要があるの?

続いて老眼鏡をかける時期についてご紹介します。

老眼のハッキリとした定義はありませんが、目安としては30cm前後にある物のピントが合わなかったり、ハッキリ見えづらくなった状態です。

老眼のメカニズムを簡単にいうと、目の中にある水晶体が加齢によって硬くなり、同時に調整する力(ピント調節)が弱くなります。

パソコンやスマホを使った後に疲れを感じる様になったら、老眼の可能性があります。

ちなみに、老眼鏡をかけ始めるのは45歳前後と言われていますが、近くの物が見えずらくなったりして生活に支障が出ると感じたら、無理せずに老眼鏡を掛けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

通販オススメ老眼鏡

最後に通販で購入できるオススメの老眼鏡についてご紹介します。

老眼鏡を掛けるには、まず眼科で診断を受ける事になります。

診断を受けたら処方箋をもらいますので、処方箋を持って眼鏡店で老眼鏡を作ってもらいましょう。

眼鏡店だけではなく雑誌や通販でも老眼鏡を購入できますが、近くの物を見るための虫眼鏡と似たような機能の老眼鏡が大半です。

その中でも筆者が厳選した機能やデザインに優れたオススメの老眼鏡を幾つかご紹介します。

まとめ

・頭痛や肩こりも老眼の初期症状な場合もある

・30㎝前後の物が見えずらくなるのが老眼の目安

・通販でも様々な老眼鏡が購入できる

今回は「老眼鏡はいつからかける必要があるの?平均年齢や初期症状・オススメ老眼鏡も紹介」と題して、老眼の基礎知識や見分け方、通販で購入できる老眼鏡についてご紹介しました。

近くの物や文字が見えづらくなるのは生活や体に悪影響がありますので、少しでも老眼かもと感じたら無理をせずに老眼鏡を掛ける事をオススメします。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

こちらもどうぞ↓
片目だけ目がピクピクする。原因は睡眠不足?どんな病気が潜んでるの?
メガネがゆるい!直すにはどうすれば良いの?自分で直して大丈夫?

スポンサーリンク